建物の構造

みなさんこんにちは!

住まいに関する知識などをお届けしておりますが、

本日は、建物の構造についてお話していこうと想います!

主に木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリートの4つ

に分類されます!それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう!

 

【木造】

木造とは木質材料で構成される建物構造です。

 

《メリット》

窓を閉めた状態でも木が呼吸する為、湿気を吸収・排出する点や、

木の香りによるリラックス効果があります。鉄筋コンクリート造と比較して

同じ㎡数でも、居室部分が広くとれる場合があります。

 

《デメリット》

鉄筋コンクリート造と比べると遮音性が劣り、火災に弱いです。

地震には強い性質を持っています。

 

【鉄骨造】

鉄骨造りとは、骨組みの部材を鉄や鋼にした建築構造で、外壁や

内壁に軽量コンクリートを使用しています。使用する鋼材の厚さによって、

軽量鉄骨造と重量鉄骨造などがあります。

 

《メリット》

耐震性に優れています。木造に比べると防音性に優れています。

 

《デメリット》

火災に弱い

 

【鉄筋コンクリート造】

コンクリートを鉄筋で補強した建築構造のことです。鉄筋の靭性と引張強度、

コンクリートの強い圧縮力、二つの利点を生かした構造になっています。

 

《メリット》

耐久性、耐震性、耐火性、遮音性に優れています。

 

《デメリット》

建築にコストがかかるため、賃料が高くなる。

柱や梁が太くなるので、部屋内部の空間が少し狭く感じることがある。

 

【鉄骨鉄筋コンクリート】

鉄筋コンクリートの芯部に鉄骨を内蔵させた建築構造で、鉄筋コンクリート構造に

比べて耐風・耐震性等に優れ、柱や梁の断面をコンパクトにすることが出来るため、

主に高層建築物に用いられます。

 

《メリット》

耐久性、耐震性、耐火性、遮音性に優れている

 

《デメリット》

柱や梁にコストがかかるため、賃料が高くなる。

 

各種類の特徴とメリット・デメリットをまとめました。

物件の構造に目を向けてみるのも大事な項目、おもしろい

ポイントかなと思います!

 

ありがとうございました♡

 

%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3