今日はひなまつり(*^^*)

みなさんこんにちは!

3/3 本日はひなまつりです(*^^*)

今日はひな祭りについて投稿してみようとおもいます(*^^*)

 

ひな祭りとは?

ひな祭りは、別名「上巳の節句」ともいいます。室町時代に中国から伝わった

五節句のひとつです。もともとは旧暦月上旬の巳の日に行われていた行事で、

老若男女関係なく、季節の変わり目に「身のけがれを祓い、無病息災でくらせるように」

と川で身を清めて汚れを祓うという神事でした。これが平安時代に宮中の小さな女の子たちの

間で行われていた人形遊び「ひな遊び」と結びつき、紙人形などにけがれを移して川に流し、

女の子の健康と幸せを願ったのがひな祭りの起源だといわれています。現在のように

人形を飾るようになったのは江戸時代のことなんだそうです!(^^)!

 

また、ひな祭りには古くから伝わる伝統的なお祝いの料理があります。

 

はまぐりの吸い物

はまぐりは、平安時代には「貝合わせ」遊びなどで知られ、

ひな祭りの代表的な食べ物です。はまぐりの貝殻は、対に

なっている貝殻でなければぴったりと合いません。このことから、

仲のいい夫婦を表し、一生一人の人と添い遂げる様にという

願いが込められています。

 

菱餅

緑・白・ピンクの3色の餅をひし形に切って重ねたものを

飾ります。色の意味にはいくつか説があり、

緑は「健康や長寿」、白は、「清浄」、ピンクは「魔除け」

を意味する説と、緑は「大地」、白は「雪」、ピンクは「桃」

で「雪がとけて大地に草が芽生え、桃の花が咲く」という

意味が込められている説があります。緑餅は増血効果があるとされる

ヨモギをまぜ、白餅には血圧を下げるといわれるひしの実が入り、

ピンク餅には解毒作用があるとされるクチナシで色をつけています。

菱形は「心臓」を表していると言われ、災厄を除こうという気持ちや、

親が娘の健康を願う気持ちが込められています。

 

ひなあられ

餅に砂糖を絡めて炒った、ひな祭りの節句の代表的な和菓子の一つです。

ピンク、緑、白、黄色の4色でそれぞれ四季を表しているといわれています。

でんぷんが多く、健康に良いことから「1年中娘が幸せに過ごせますように」という

願いが込められています。

 

白酒

もともとは桃の花びらを付けた「桃花酒」というものが飲まれていたと

いわれています。桃は邪気を祓い、気力や体力の充実をもたらすということで、

薬酒の一つとして中国から伝えられました。江戸時代からは、みりんに蒸した

米や麹を混ぜて1ヵ月ほど熟成させた、「白酒」の方が親しまれるようになりました。

 

子供のころ、何気なく楽しみにしていたひなまつり(*^^*)

色々な意味や想いが詰まっているのだな…と想うとなんだか

暖かな気持ちになりました( *´艸`)

 

ありがとうございました♡

 

%e3%81%b2%e3%81%aa%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a